WordPressのテキストウィジェットよりも便利なウィジェットを提供してくれるプラグイン、「Custom Post Widget」。

今回ご紹介するのは、WordPressのテキストウィジェットよりも便利なウィジェットを提供してくれる、「Custom Post Widget」というプラグインです。

WordPress本家公式サイトの「Plugin Directory」で配布されているプラグインです。

WordPressには、「テキストウィジェット」という、WordPressユーザーが自由にテキストやバナー広告などを入力・編集して、サイドバーなどに表示したい時に使えるウィジェットがありますが。

Custom Post Widgetを使うと、テキストウィジェットよりもさらに便利に、そして自由に、いろいろなテキストなどを表示できるようになります。

テキストウィジェットの機能拡大版とでもいえばよいでしょうか。

WordPressのテキストウィジェットは使いにくいと感じている方には、おすすめのプラグインです。

では、Custom Post Widgetの使い方を具体的に説明してみます。

WordPress管理画面のプラグインページから、Custom Post Widgetをインストール。


すると、管理画面左サイドのナビゲーションメニューの「設定」に、「Content Blocks」という子メニューが表示されるようになります。


この「Content Blocks」をクリックすると、見慣れた画面が出てきます。


そう。これって、投稿記事一覧ページと同じです。

実は、この「Content Blocks」は、WordPress初心者の方にはいまいちよくわかりづらい、「カスタム投稿タイプ」になっています。

カスタム投稿タイプについては、「Webデザインレシピ」さんの記事、「WordPressでブログじゃないWebサイトを作るときのいろいろ(サンプル付き)」の解説を読んでみてください。

私もずっと、カスタム投稿タイプのことがわからなかったのですが、上記の記事のおかげで、目からウロコが落ちるように理解することができました。

とはいえ、別にカスタム投稿タイプのことが理解できなくても、プラグインを使用するにはまったく問題ないので、このまま進みます。

で次に、「Content Blocks」メニューをクリックすると表示される、「Content Blocks」ページの、「Content Blocks」というタイトルの右にある、「Add Content Block」をクリックします。


すると、「Add New Content Block」というカスタム投稿タイプ記事管理画面が出てくるので、通常の投稿記事管理画面と同じような具合に、記事タイトル、コンテンツのテキストなどを入力します。


「公開」ボタンをクリックして記事を保存したら、今度は「ウィジェット」管理ページに移動します。

「Content Block」という、Custom Post Widget専用のウィジェットができているはずなので、そのウィジェットを表示したい位置にドラッグ・アンド・ドロップします。


表示したい位置に設置した「Content Block」ウィジェットの、「Content Block to Display:」という部分の「▼」をクリックすると、先ほど作成した記事を含む、すべての「Content Block」カスタム投稿タイプ記事の一覧が表示されるので、表示したい記事を選びます。

記事タイトルがそのままウィジェットのタイトルになるので、表示してもよければ、「Show Post Title」にチェックを入れます。


「保存」ボタンをクリックして、サイトを開くと、こんな感じで表示されます。

しばらくの間、当サイトの右サイドバーに表示されているはずなので、よろしければ確認してみてください。


さて、ここまでだと、何がテキストウィジェットより良いのか、いまいちわからないと思うので、補足しておきます。

まず第一のメリットは、テキストなどの入力が簡単なこと。

テキストウィジェットだと、ただの空欄で、エディタ機能がありませんが、Custom Post Widgetだとカスタム投稿タイプ記事管理画面からWordPressのエディタ機能を使えるので、テキストの入力や修飾などがすごく楽になります。

そして第二のメリットは、コンテンツの入れ替えが簡単なこと。

Custom Post Widgetのウィジェットから、表示したいカスタム投稿タイプ記事のタイトルを選ぶだけで、表示されるコンテンツをすぐに入れ替えることができるので、テキストウィジェットのように、すでに入力したコンテンツを書き換えたり、またはテキストウィジェットを新規に作成して古いものと入れ替えるといった手間がかかりません。

このように、WordPressでテキストウィジェットを多用している方には、かなり便利なプラグインなのではないかと思います。

興味がある方は、ぜひ使ってみてください。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] [参考]WordPressのテキストウィジェットよりも便利なウィジェットを提供してくれるプラグイン、「Custom Post Widget」。 […]

  2. […] 自由度の高いテキスト編集が可能になります。インストール方法と使い方は、『ゼロからはじめる WordPress』が参考になります。  ウィジェット記事といってもメインエリアの投稿記事 […]

  3. […] 大版ともいえるプラグインツールCustom Post Widgetを使うと、自由度の高いテキスト編集が可能になります。インストール方法と使い方は、『ゼロからはじめる WordPress』が参考になります。 […]

  4. […] だ使ってないけど、そのうち使いたいので) 説明こちら […]

  5. iwazock より:

    こちらのプラグインをご紹介頂き非常に助かっております

    ですがこのプラグインを使っていると
    Table of Contents Plus
    このプラグインが動かなかったりします

    これあ何か設定を変更すればCustom Post Widgetを使いながら
    Table of Contents Plusも使えるようになるのでしょうか?

    ご存知であればご教授頂けますと幸いです

    以上宜しくお願い致します

    • あぶらあげ より:

      iwazock様、コメントどうもありがとうございます。
      ご質問の件ですが、私は「Table of Contents Plus」を使ったことがないので、正直よくわかりません。お役に立てなくて、申し訳ありません。
      無責任な言い方になりますが、WordPressのプラグインディレクトリの検索窓に、「Custom Post Widget」と入力すると、同じような機能のプラグインが見つかるかもしれません。
      その中に、もしかするとTable of Contents Plusにバッティングしないものが見つかるかもしれません。
      悪しからず、ご了解ください。

  6. うむ より:

    なるほど

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。