WordPressのメディアをフォルダ分けできるプラグイン、「Media File Manager」。

WordPressのメディアファイルのアップロード先は2種類

WordPressでは、メディアファイル(主に画像など)は「wp-content」フォルダ直下の「uploads」フォルダ内に、アップロードされるようになっています。

デフォルトだと、メディアをアップロードした年月日によって、さらに「uploads」フォルダ直下に年フォルダ(「2015」など)、そして年フォルダ直下に月フォルダ(「11」など)が作成され、その中にメディアが保存されるようになっています。

「 /wp-content/uploads/2015/11/example.jpg 」みたいな感じ。

または、WordPress管理画面左サイドメニューの「設定」→「メディア」から「メディア設定」画面を開き、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の選択を外せば、アップロードしたメディアはすべて、「uploads」フォルダ直下にまとめて保存されるようになります。

nengetsu-folder-seiri

デフォルトのアップロード先が年月ベースになっている理由

WordPressはもともとブログソフトなので、ユーザーにメディアのアップロード先を意識させず、自動的に年月ベースのフォルダに保存される仕様になっているのは、ある意味、とても理にかなっているのだと思います。

というのも、実は当サイト管理人が運営している別のWordPressサイトで、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の選択を外してみたことがあります。

その結果、運営している間に同名の画像ファイルを何度もアップロードしてしまい、あとでどれがどれか見分けがつかなくなって、困ったことがあります。

その時に気がついたのですが、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の選択を外した状態で、同名のメディア(画像)ファイルを何度もアップロードしてしまうと、WordPressが自動的に番号が割り振ることになっているみたいです。

たとえば、「 example.jpg 」、「 example-1.jpg 」、「 example-2.jpg 」といった感じ。

これは、WordPressが自動的に内部で行っていることなので、メディアをアップロードした時はもちろん、記事に挿入(追加)する時もたぶん気がつかないと思います。

後日、もう一度その画像を使いたくなって、メディアライブラリから検索した時、初めて気がつくのだと思います。

もし、WordPressデフォルトの「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」を選択したままだったら、毎月アップロード先のフォルダが変わるので、こういう事態には滅多にならないのではないかと思います。

このように、WordPressでメディアをアップロードする場合、アップロード先は年月ベースフォルダにするか、それとも「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の選択を外し、すべてのメディアファイルを「uploads」フォルダ直下にまとめて保存するかの2種類しかありません。

「uploads」フォルダ内に任意のフォルダを作成してくれるプラグイン

こういう場合に誰しも考えるのは、WordPressでも「uploads」フォルダ内に任意のフォルダを作成し、アップロードしたメディアをフォルダ分けできないだろうかというもの。

これからご紹介する「Media File Manager」は、まさにそういうことを可能にしてくれるプラグイン。

Media File Managerは、WordPress公式サイトから配布されているプラグインなので、WordPressの管理画面左サイドメニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックすると開く「プラグインを追加」画面から、「プラグインの検索」窓を利用して検索し、通常の手順でインストールできます。

mfm-install

インストールが完了すると、WordPress管理画面左サイドメニューの「メディア」項目に、「Media File Manager」というメニューが新たに追加されます。

mfm-menu

クリックすると、「Media File Manager」画面が表示されます。

左右に同じフォルダ(ディレクトリ)構造が表示されていますが、これはファイルやフォルダを選択して、別のフォルダに移動するためです。

mfm-gamen

Media File Managerの使い方

あとは、ぱっと見ただけで直感的に使いこなせるプラグインだと思いますが、いちおう簡単に説明してみます。

一番上にある「+」マークのフォルダアイコンをクリックすると、新規にフォルダを作成できます。

左右に1つずつありますが、どちらでもかまいません。

plus-folder

入力欄が出てくるので、任意のフォルダ名を入力して、「OK」をクリックするだけ。

folder-sakusei

今回は、「media-file-manager」という名前のフォルダを新規作成してみました。

mfm-folder

次は、アップロードした画像ファイルをフォルダ分けしてみます。

あらかじめ、WordPressデフォルトの機能(マルチファイルアップローダー)を使って、メディアファイルをアップロードしておきます。

media-upload

今回は、この記事に挿入する画像ファイルをアップロードしてみました。

次は、画像ファイルを保存したいフォルダを選択します。

Media File Managerの画面から、左右どちらでもよいので、画像ファイルを保存したいフォルダをクリックします。

今回は、左サイドの「media-file-manager」フォルダをクリック。

すると、左サイド画面で「media-file-manager」フォルダが開きます。

新規作成したばかりのフォルダなので、中には何もありません。

mfm-folder-left

次は、「media-file-manager」フォルダに保存したい画像ファイルを、右サイド画面から選択します。

当サイトは、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」しているので、2015年フォルダ内にある「11」フォルダから、すでにアップロードしておいた、この記事に挿入する画像だけを選択し、真ん中にある左向きの▲マークをクリックします。

mfm-folder-right

すると、選択した画像が、左サイドの「media-file-manager」フォルダに移動します。

files-idou

これで、画像ファイルのフォルダ分けは完了です。

この記事に使われている画像ファイルはすべて、デフォルトの年月ベースフォルダから、「uploads」フォルダ直下に作成した「media-file-manager」フォルダに移動・保存されました。

フォルダ単位でメディアファイルを表示する機能も

あとは、通常の記事作成と同じように、投稿画面の「メディアを追加」ボタンをクリックして、記事に画像を挿入するだけです。

または、Media File Managerをインストールすると投稿画面に作成される、「Media-selector」ボタンをクリックして、画像を挿入してもかまいません。

media-selector-button

「Media-selector」ボタンを使う利点は、フォルダ単位で画像(メディア)ファイルを表示できる点です。

media-selector

どれでもよいので、この記事に挿入された画像の上にマウスポインターをのせて、URLを確認してみてください。

年月ベースではなく、「 /wp-content/uploads/media-file-manager/example.jpg 」のようなURLになっているはずです。

フォルダ移動後の画像ファイルのURL(パス名)も自動修正

なお、Media File Managerのすごいところは、今回の例のような、新規に作成する記事に挿入する画像(メディア)ファイルをフォルダ分けできる点だけではありません。

すでに投稿済みの記事に挿入された画像(メディア)ファイルも、別のフォルダに移動、フォルダ分けができてしまいます。

その場合、データベースに保存されている、移動させた画像(メディア)ファイルのURL(パス名)が自動的に書き換えられるので、投稿済みの記事に挿入した画像(メディア)ファイルのコードを新たに貼り替えたり、URL(パス名)を個別に手動で修正したりする必要は一切ありません。

投稿済みの記事に挿入された画像ファイルのURL(パス名)は、自動的に移動後のものに修正されます。

これは、実際にやってみるとわかりますが、ちょっと感動モノです。

つまり、Media File Managerを使って、メディアファイルをフォルダ移動、フォルダ分けすれば、後のことは全部、Media File Managerが面倒を見てくれるということです。

まとめ

まとめると、Media File Managerは、WordPress管理画面から「uploads」フォルダ内にフォルダを新規作成して、メディアファイルをフォルダ移動、フォルダ分けできるだけではなく、記事に挿入済みの画像ファイルを別フォルダに移動させた時には、記事内画像ファイルのURLも自動的に修正してくれる、とても便利なプラグインということになります。

当然ですが、WordPressにアップロードしたメディアファイルのフォルダ分けをきっちりと行ないたい方は、最初から「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」の選択を外して使うとよいと思います。

あと、これは私だけかもしれませんが、Media File Managerを使ってメディアファイルのリネームを行なうと、他のサイズの同名ファイルがリネームされないまま残ってしまい、面倒なことになる気が…。

リネーム機能を使う時は、注意したほうがよいかもです。

なお、Media File Managerは、Atsushi Uedaさん(日本人?)の方が開発されているので、作者さんのMedia File Managerのページから、日本語の使用マニュアル(PDF)もダウンロードできます。

これがあれば、当サイトの記事を読む必要はないかも(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. mithysano より:

    初めまして 一昨日よりMithyの徒然を立ち上げました 
    超初心者のブローガーです。
    あぶらあげ さんのサイト
    エックスドメインの無料レンタルサーバーがすごい!を
    検索の途上で拝読いたしました。
    他の内容も私には目が覚める思いでおります。
    宜しければ、今後ご指導をと思ってメールいたしました。
    M.SANO 2016/04/25 10:30
    今年になって更新がなされておりませんようで・・・
    別なサイトを構築されるならお教えください。

  2. […] WordPressのメディアをフォルダ分けできるプラグイン、「Media File Manager」。 […]

  3. kazu より:

    いろいろ見てこちらにたどり着きました。
    Media File Managerを導入したのですが
    メディア→Media File Managerを開いても
    何も表示されません。何か設定があるのでしょうか?
    WordPress 4.6を使っています。
    もし何か分かるようでしたらよろしくお願いします。

    • あぶらあげ より:

      返事が遅れて大変申し訳ありませんでした。
      サーバーの問題? 他のプラグインの干渉? わかりません。
      他のWordPressサイトをお持ちなら、そちらで試してみると原因がしぼりやすくなるかも。

  4. […] WordPressのメディアをフォルダ分けできるプラグイン を参考にさせていただきました […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。