WordPressのmoreタグのリンク先を、通常の個別記事URLに変更してくれるプラグイン、「More Link Modifier」。

WordPressサイトのトップページやカテゴリーページで、個別記事の抜粋を表示するのに便利なのが、「more」タグです。

moreタグのくわしいことについては当サイトの記事、『WordPessの「続きを読む」は、moreタグで。』を読んでいただきたいのですが。

便利なmoreタグにも、1つ欠点があります。

それは、moreタグを挿入した箇所以降の、記事の続きを読むためのリンク先。

お使いのWordPressテーマによっても表示は違うとは思いますが、記事の続きを読むためのリンク部分はたいてい、「続きを読む」とか、「Continue reading」とかになっています。

この「続きを読む」や「Continue reading」をクリックすると、個別記事のページが表示されるのはいいのですが、問題なのは、そのリンク先URL。

たとえば、当サイトのトップページに表示されている、『コメント欄を非表示にするプラグイン、「One Click Close Comments」』記事の抜粋にある、「続きを読む」をクリックすると。

表示された記事のURLは、

「http://wp.8jimeyo.info/plugin/one-click-close-comments/#more-247」

と、通常の個別記事のURL(パーマリンク)の後ろに、「/#more-数字」というものが付いてしまっています。

この、moreタグのリンク先のURLに、「/#more-数字」が付いてしまう問題を解決してくれるのが、「More Link Modifier」というプラグインです。

More Link Modifierを使えば、moreタグの「続きを読む」や「Continue reading」をクリックしても、表示された個別記事のURLに「/#more-数字」は付かず、通常のURL(パーマリンク)が表示されるようになります。

More Link Modifierをインストールすると、管理画面左サイドのナビゲーションメニューの「設定」に、「More Link」という子メニューで表示されます。


「More Link」をクリックすると出てくる、More Link Modifierの設定画面はこんな感じ。


More Link Modifierをインストールすると、それまで表示されていた、「続きを読む」や、「Continue reading」が消えてしまいますが、正常な動作なので心配しないでください。

「Link Display Options」という項目の、「Custom Link Text: 」という空欄に、「続きはこちら」とか、「続きはこっちだよ~」とか、お好みのテキストを入力すれば、そのテキストがmoreのリンクとして表示されるようになります。




空欄部分に入力した日本語は文字化けしてしまいますが、サイトでは正常に表示されます。

私はまだ試していませんが、HTMLタグを使って、「続きを読む」といったテキストの代わりに、画像を表示することもできるそうです。

次はかんじんの、「/#more-数字」を消して、通常のURL(パーマリンク)をリンク先にする設定をします。

「Remove Anchor Link」という項目の、「Remove the anchor link」にチェックを入れるだけです。


これで、先ほど「Custom Link Text: 」の空欄に入力したmoreタグのテキスト、たとえば「続きはこちら」などで表示されるmoreのリンクをクリックしても、「/#more-数字」は付かない、通常の個別記事のURL(パーマリンク)が表示されるようになります。

その他にも、More Link Modifierには、いくつか設定できる項目がありますが、上記の設定だけで十分に目的は果たせますので、説明は省きます。

設定画面は英語ですが、設定項目は少ないので、直感で設定できると思います。

WordPressのmoreタグの「/#more-数字」で困っている方は、ぜひ使ってみてください。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 名無しさん より:

    とてもわかりやすい情報ありがとうございます!

    • あぶらあげ より:

      名無しさま、コメントどうもありがとうございました。
      励みになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。