WordPressの内部リンクのピンバックを無効にしてくれるプラグイン、「No Self Pings」。

前回の記事「WordPressのピンバックと内部リンクの問題。」では、WordPressのピンバック機能が、自分のサイト記事に貼った内部リンクに対しても働いてしまうこと、そしてその簡単な解決方法をご紹介しました。

その方法はというと、WordPress管理画面の、コメント関連の設定をする「ディスカッション設定」ページにある、「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」の選択を外すという、しごく簡単なもの。



しかしこの方法だと、自分のサイト記事への内部リンクのピンバックだけではなく、他のWordPressサイトへのピンバックも働かなくなってしまうという欠点があります。

これでは困る。自分のサイト記事への内部リンクのピンバックだけ働かないようにしたいという方におすすめなのが、「No Self Pings」というプラグインです。

No Self Pingsをインストールすると、プラグイン管理画面にはインストール済みプラグインとして表示されますが、No Self Pings独自の設定画面はありません。


No Self Pingsをインストールした効果がはっきりとわかるのは、自サイト記事への内部リンクを貼った時です。

この投稿記事から、「WordPressのピンバックと内部リンクの問題。」へ内部リンクを貼っているので、ピンバックが働かなくなっているかどうか確認してみてください。

もちろん、「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」の選択は外していません。

なので、他のWordPressサイトへのピンバックは有効になっています。

ちなみに、No Self Pings導入以前に貼られた内部リンクへのピンバックが無効になるかどうかは、すでに内部リンクへのピンバックを削除していたので検証できませんでした。

No Self Pingsを無効化してたしかめればいいだけの話なのですが、何だかめんどうくさくて(笑)。

たぶん、無効になるとは思いますが、その点について確認された方はコメントやピンバックなどいただけると幸いです。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 記事にわたしの望む解決方法が! 参照:ゼロから始めるWordPress WordPressの内部リンクのピンバックを無効にしてくれるプラグイン、「No Self Pings」。 読みやすく、わかりやすく、ありがた […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。