WordPressサイトのサイトマップを生成してくれるプラグイン、「PS Auto Sitemap」

当サイト、「ゼロからはじめる WordPress」を開始したのが、2011年3月の終わりごろ。

ということで、サイト開設から1年が過ぎたことになります。

最初は正直、どこまで続けることができるかわかりませんでしたが。

WordPressは使っていて楽しく、学ぶべきことも多く、またインターネットや書籍などで多くの情報が提供されているので、ほとんど知識のない私でも、なんとか1年続けることができました。

当サイトのつたない情報を閲覧、参考にしてくださった方々、ご紹介してくださった方々、コメントしてくださった方々、リンクしてくださった方々、またブックマークや引用をしてくださった方々に心からお礼申し上げます。

1年が経過して、作成した投稿記事、固定ページの数もそこそこ増えてきたので、記事・ページ一覧が表示できる、「ゼロからはじめる WordPress」のサイトマップページを用意しました。

今回、サイトマップ導入に利用したのは、「PS Auto Sitemap」というサイトマップ生成プラグイン。

PS Auto Sitemapをインストールすると、管理画面左サイドのナビゲーションメニューの「設定」に、「PS Auto Sitemap」という子メニューが表示されるようになります。


PS Auto Sitemap子メニューをクリックすると表示される設定画面は、こんな感じ。


PS Auto Sitemapを使ってサイトマップページを作成するには、まず管理画面から、サイトマップ用の投稿記事か、固定ページを新規追加する必要があります。

一般的には、固定ページのほうがサイトマップに向いていると思うので、固定ページを新規追加。

新規追加した固定ページのパーマリンクを、「 http://site-domain/sitemap 」みたいな感じにします。


次からがキモなのですが、新規追加した固定ページのテキスト入力欄を、デフォルトの「ビジュアルモード」から、「HTMLモード」にします。


※ 私の場合、HTMLモードに固定しているので、上の画像は古い記事のものです。ご了承ください。HTMLモード、ビジュアルモードについては、過去記事「WordPressの自動整形表示機能。」でご紹介しています。

「HTMLモード」にしたら、テキスト入力欄に、PS Auto Sitemapプラグインの設定画面で指示されている「<!–– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT ––>」という文字列をコピペして、投稿(公開)します。




次に、サイトマップ用固定ページ編集画面の、URL部分に注目します。

URLの、「post=」という箇所に続く数字列(&の前まで)をコピーします。


今度は、PS Auto Sitemapプラグインの設定画面にある、「サイトマップを表示する記事」という部分の空欄に、コピーした数字を貼り付けて、下のほうにある「変更を保存」ボタンをクリックします。


これで、作業は終了です。

WordPressの「メニュー」管理画面から、グローバルメニューやサイドバーのメニューなど、お好みの場所にサイトマップ用固定ページを追加すれば、サイトマップページの完成です。


サイトマップのデザインについては、もっとカッコいいものがたくさん用意されているので、自分好みのものを選んでください。


で、設置してみてから気がついたのですが、PS Auto Sitemapには、投稿記事のカテゴリーの表示順を変更する機能はないみたいです。

これではちょっと困るので、Google検索してみたら、「WordPress超初心者講座」さんの記事「Category Order(カテゴリ表示順並べ替えプラグイン)」に、その答えが書かれていました。

おかげで、サイトマップのカテゴリーの表示順を変えることができました。ありがとうございました。

サイトマップのカテゴリー表示順を変更したいという方は、上記記事を参考にしてください。

ただ、そのとおりにしても、最初は全くカテゴリーの順番が変わらないので、いろいろとやってみたところ、PS Auto Sitemap設定画面の「スタイルの変更」で別のスタイルに変えたら、カテゴリーの順番が変わりました。

あとから気がついたのですが、「キャッシュの使用」という項目があったので、これを「使用しない」にすればよいだけだった。

ところで、このPS Auto Sitemapプラグインの配布ページを見て気がついたのですが、PS Auto Sitemapの作者は、日本のプライム・ストラテジー株式会社というWEB制作会社さん。

さらに、当サイトの「WordPress おすすめ本」コーナーでご紹介している、『速習Webデザイン&速習デザインシリーズ WordPress 3.x』というWordPress本の著者のおひとりが、同社の方だったことに気がつきました。

WordPressでは有名な会社なんですね。知らなかった。無知って恥ずかしい・・・。

このように、PS Auto Sitemapは日本のWEB制作会社さんが配布しているプラグインなので、安心しておすすめできます。

いざ、サイトマップページを作ってみると、過去に埋もれた投稿記事や、深い階層にある固定ページも一目瞭然なので、いいですね。

訪問者の方々にとっても、運営者にとっても、また検索エンジンにとってもフレンドリーになるので、つまり、SEO対策になるので、WordPressサイトを運営している方には、PS Auto Sitemapの導入をおすすめします。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. momo より:

    はじめまして

    この記事を読んで、サイトマップの順番の入れ替えができました
    ありがとうございます。助かりました!

    ところが、固定ページの入れ替えができません
    アドバイスいただけますでしょうか
    よろしくお願いいたします。

    • あぶらあげ より:

      momo様、コメントどうもありがとうございました。
      各固定ページの編集画面の右サイドにある、「ページ属性」の「順序」に適当な数字を割り当てていけば、入れ替えができると思います。

  2. momo より:

    あぶらあげ様

    ありがとうございます!
    カテゴリに数字を入れて順番の入れ替えはわかるんですが、
    カテゴリの中の記事の順番はできません。どうしてでしょうか?
    これは仕方がないのでしょうか?

    >キャッシュの使用」という項目があったので、これを「使用しない」にすればよいだけだった。そうなんです。これを外しらできました、こんなに単純なことを他では書いてないですよね。

    • あぶらあげ より:

      固定ページと違って、投稿記事には順序というものはなく、基本的に時系列で並ぶものなので、並べ替えはできないのではないかと思ってました。
      ただ、試してみたことはないので、momoさんがGoogle検索などで調べたら、答えが見つかるかもしれません。
      成功したら、またコメントください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。