パーマリンクを変更したときに便利なプラグイン、「Redirection」。

過去に投稿した記事のパーマリンク(URL)を変更しなければならないことが、たまにあったりします。

 

パーマリンクに投稿名が入っている場合、投稿名の英数字表記を変えたくなったりとか。

また、当ブログのように、パーマリンクのカスタム構造にカテゴリー名を入れている場合(WordPress的には非推奨みたいですが)、記事のカテゴリーを変更すると、当然、パーマリンクも変わってしまいます。

 

WordPressのパーマリンク設定そのものを変えるのでもない限り、個別記事のパーマリンクの一部を変えるのは簡単なことですが。

問題なのは、それまで使っていたパーマリンクへ貼られていた他のサイトからのリンクとか、検索サイトからのリンクが無効になってしまうこと。

 

こういうときに便利なのが、「Redirection」というプラグイン。

変更前のパーマリンクへの訪問者を、自動的に新しいパーマリンクにリダイレクトしてくれます。

 

Redirectionをインストールすると、管理画面左サイドのナビゲーションメニューの「ツール」に、「リディレクション」という子メニューで表示されます。

 

リディレクションの設定画面は、こんな感じ。

 

「ソースURL」に変更前のパーマリンクを、「ターゲットURL」に変更後のパーマリンクを入力し、「新しい転送ルールを追加」ボタンをクリックするだけです。

 

で実際、旧パーマリンクから新パーマリンクにした記事に、どれくらいの訪問者があったかがわかるログ機能もあります。

これは、「howto」という投稿名を、別の投稿名に変えたばかりの例です。

 

このように、Redirectionのおかげで悩むことなく、パーマリンクの変更に踏み切れます。

end.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。