WordPressのテキストウェジェットに表示期間を設定してくれるプラグイン、「Show/Hide Content at Set Time」。

WordPressを使っているとき、テキストウィジェットや投稿記事内に表示しているコンテンツに表示期間を設定し、期限が来ると自動的に非表示にしたいと思ったことはありませんか?

たとえば、当サイトのサイドバーには「レンタルサーバーお得情報」、「独自ドメインお得情報」として、レンタルサーバーや独自ドメインサービスのキャンペーン情報をご紹介していますが、キャンペーンが終了すると、そのコンテンツだけが自動的に非表示になるように設定されています。

まったく同じキャンペーン情報を、レンタルサーバーの紹介ページ(たとえば「ミニバード」ページなど)や独自ドメインサービス紹介ページでもご紹介していますが、こちらも同じように表示期限が設定されているので、キャンペーンが終了すると自動的に非表示になります。

今回ご紹介するのは、そういうときに便利なプラグイン、「Show/Hide Content at Set Time」です。

WordPressの公式プラグインサイトに登録されているプラグインなので、WordPress管理画面の「プラグイン」ページからインストールできます。

なぜか、管理画面の「プラグイン」ページから「Show/Hide Content at Set Time」で検索すると、検索結果トップに出てこないので、「Shortcodes to show or hide content」で検索して、インストールしてください。

インストールが終了しても、管理画面メニューバーには、専用のメニューは表示されません。

具体的な使い方は、「Show/Hide Content at Set Time」ページに出ているので、こちらを参考にすればすぐに使えるようになると思いますが、少し解説を。

テキストウィジェットでも、投稿記事、固定ページでも、表示期間を設定したいHTMLコードやテキストを、[expire(s) off=”2100-02-16″]HTMLコードやテキスト[/expire(s)]のように、[expire(s) off=”日付”]と[/expire(s)]で囲むと、設定した日付の午前0時に非表示になります。

※ 正確には「expire(s)」ではなく、「expires」なのですが、それではこの記事内に表示されなくなってしまうので、便宜上「s」を()でくくっています。当記事からコピペするときは(s)から()を取り去ってください。

時間も設定できるはずなのですが、なぜか私の場合うまくいかないので、とりあえず日付設定だけで使ってます。

また、私は使ったことがありませんが、表示期限だけでなく、表示開始日時も設定できるようになっています。

ちなみに、投稿記事や固定ページまるごとの表示期間設定は、それ専用のプラグインがいくつかあるみたいなので、そういうプラグインをネット検索やWordPress公式プラグインサイトで探して使ったほうがよいかと思います。

設定した日時にコンテンツを表示させたり非表示にしたりするのは、プログラミングができる方なら簡単かと思いますが、私はプログラミングがまったくわからないので、「Show/Hide Content at Set Time」のお世話になっているのですが、こういうたぐいのプラグインを探すと、なかなか見つからないものです。

さらに便利なプラグインが見つかれば、またこのブログでご紹介したいと思います。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。