WordPressテーマの画像サイズ生成をオフにできるプラグイン、「Simple Image Sizes」。

前回の記事「WordPressのメディア設定で自動生成される画像サイズ。」からの続きです。

simple-image-sizes-04

前回の記事では、WordPress管理画面のアップローダーを使って画像をアップロードすると、オリジナルの画像に加えて、「メディア設定」で設定した「サムネイルのサイズ」、「中サイズ」、「大サイズ」の計3つの画像がシステム内部で自動生成されていることに、ようやく気づいたということを書いてみました。

画像をアップロードするごとに、使われない画像サイズがどんどん増えていくWordPress。

でも、この使わない画像サイズの自動生成をオフにするのは簡単で、「メディア設定」の使わないサイズの「幅の上限」と「高さの上限」の数値を、どちらもゼロにすればよいということもわかりました。

しかーし、問題はWordPressのテーマが自動生成する画像サイズ。

「メディア設定」で設定する3つの画像サイズに加えて、テーマも独自の画像サイズを自動生成していることがわかりました。

生成される画像サイズの数はテーマによってさまざまですが、この記事を書いている時点で私が使っている、Simple Catchというテーマは、さらに3つの画像サイズを自動生成していることがわかりました。

media-setting-02

ご自分の使っているWordPressテーマが、一体いくつの画像サイズを自動生成しているのか気になる方は、FileZillaなどお使いのFTPソフトや、お使いのレンタルサーバー管理画面のファイルマネージャー(上の画像はミニバードのファイルマネージャー)を使って、「wp-content」フォルダ直下にある「uploads」フォルダを開いて、確認してみてください。

アイキャッチ画像やスライダー画像として、テーマで使われている画像サイズならいいですが、私のように、そういう機能もオフにしている場合は、テーマがさらに使わない画像サイズをどんどん増やしていることになります。

この、テーマが使わない画像サイズを勝手に自動生成するのを止めるには、どうすればよいのか。

どうやら、使っているWordPressテーマの「functions.php」内にある、画像サイズ生成部分を削除か、コメントアウトすればよいことがわかりました。
※ 「uploadsフォルダ内に、“不要な画像サイズ” が自動生成されないようにし」(WordPressフォーラム)

しかし、永遠のWordPress初心者ユーザー(笑)としては、できることならPHPコードはいじりたくない。

というわけで、WordPressエンドユーザーのリーサルウェポンであるプラグインに、テーマが使わない画像サイズを勝手に自動生成するのをオフにしてくれる機能を持つものがないか、WordPress.orgのplugin Directoryで探してみることにしました。

その結果見つけたのが、「Simple Image Sizes」というプラグイン。

WordPress管理画面の「プラグイン」ページから検索すれば、簡単にインストールできます。

simple-image-sizes-01

Simple Image Sizeをインストール後は、管理画面の「メディア設定」ページが機能拡張されて、下の画像のようになります。

simple-image-sizes-02

「サムネイルのサイズ」、「中サイズ」、「大サイズ」の下部分に、「Delete(削除)」というボタンができているのがわかると思います。この真上に表示されている、「post-thumbnail size」という部分が、Simple Image Sizeが見つけ出してくれた、使っているテーマが自動生成している画像サイズの名前と、そのサイズ。

ちなみに、上記のスクリーンショットは、この記事を書いている時点でWordPressデフォルトのテーマ、「Twenty Thirteen」のものです。どうやら、Twenty Thirteenは、1種類しか画像を生成しないみたいですね。

テーマによっては、画像サイズの名前が何種類も表示されることもあります。私が使っている「Simple Catch」では、なぜか10個以上の名前が表示されていて、そのスクリーンショットを掲載するととんでもないことになってしまうので、「Twenty Thirteen」のものにしてみました。

で、本題ですが、この「Delete」というボタンをクリックすると、その名前の部分が表示から削除され、もう二度と、その画像サイズは自動生成されなくなります。

simple-image-sizes-03

なので、たとえば「Delete」ボタンが3つ並んでいる場合、全部クリックすると、そのテーマが自動生成する画像サイズはゼロになります。

もし、元に戻したいと思った場合は、一度別のテーマを有効化してから、再度お使いのテーマを有効化すると、消えた画像サイズ表示が元に戻るみたいです。

あるいは、「Delete」ボタンをクリックしなくても、「Maximum width(幅の上限)」と「Maximum height(高さの上限)」の両方をゼロにしても、画像サイズは生成されなくなるみたいです。

simple-image-sizes-04

Simple Image Sizeでテーマが画像サイズを自動生成するのをオフにする場合は、よくサイズを確認して、使わない画像サイズであることを確認してからにしたほうが良いと思います。

私の場合、必要なプラグインを見つけるときは、まず、WordPress.orgのplugin Directoryで探して使ってみて、便利だったら今回のように記事にしながら、その過程で日本語情報がないかどうか調べるようにしています。そのほうが面白いので(笑)。

で今回も、この記事を書きながら、Simple Image Sizeの日本語情報がないかネット検索してみたところ、すでに記事にされているサイトがいくつかありました。

どうやら、「サムネイルのサイズ」、「中サイズ」、「大サイズ」以外にも画像サイズを増やすことのできる、「Additional image sizes」というプラグイン(知らなかった~)が過去に存在していたみたいで、上記のお三方は、そのプラグインの代替として、Simple image sizes を見つけて使っておられるようです。

私自身はまだ使っていないので今回の記事ではふれていませんが、Simple image sizesには、メディア設定の「サムネイルのサイズ」、「中サイズ」、「大サイズ」以外にも自由に自動生成する画像サイズを増やせる機能や、テーマを変更した時やメディア設定の画像サイズを変更した時に、そのテーマや変更した画像サイズに合わせて、すでにアップロード済みの画像の画像サイズも再生成してくれる機能があります。

そっちの使い方のほうが本筋だと思うので、興味のある方は上記紹介の各記事を参考にしてみてください。当サイトなんかより、スクリーンショットもきれいで、ずっと分かりやすい(笑)。

Simple image sizes。 WordPressサイトで各種画像を活用する方には、すごく力になってくれるプラグインだと思います。興味のある方はインストールして使ってみてください。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。