「WPtouch」プラグインでスマートフォン対応サイトにしてみました。

当サイトは、ミニバードというレンタルサーバーを借りて運営しているのですが。

それとは別に、ロリポップ!という有名レンタルサーバーで一番安いコロリポプラン(コロリポプラン 詳細はこちら)も借りていて、こちらは手打ち?のHTMLサイト用に利用しています。

で、そちらのアクセス解析を見ていると、最近スマートフォンから閲覧してくださっている方がとても多いんです。

私自身はスマホはまだ持っていないので、サイトのスマホ対応なんてまだまだ先の話と思っていたのですが。

とりあえず、自分のサイトはスマホだとどんなふうに見えるのか、スマホのない人でもPCで確認できる方法をネット検索して調べてみました。

いろいろな方法があるみたいですが、一番手っ取り早そうだったのは、「SEO村の徒然blog」さんの記事、「Chromeでユーザーエージェントを切り替えて、PCからスマートフォンサイトを閲覧する方法」で紹介されていた、Google Chromeを使う方法。

Google Chromeさえインストールしてあれば、設定をちょっといじるだけで、スマホでの見た目が確認できるようになるとのこと。

で、上記の記事を参考に、Google Chromeで自分のサイトをいくつかチェックしてみたのですが、たしかにPC用サイトは、スマホだと見にくい。

これはできるだけ早く、自分のサイトをスマホサイト対応にしなければと思いました。

で、目下の課題は、手打ちHTMLサイトをどのようにすればスマホ対応サイトにできるのか調べることなのですが。

WordPressサイトなら、モバイルサイト用プラグインを使うと簡単にスマホ対応サイトになるので、さっそくその中でも一番有名な「WPtouch」というスマホサイト用プラグインを導入してみしました。

WPtouchはとても多くのサイトで解説されているので、当サイトではくわしい説明は省きたいと思います。

くわしく知りたいという方は、ネット検索してみてください。

WPtouchは、ものすごく設定項目がたくさんあるのですが、基本的にインストールしたままで十分、スマホ対応サイトになってくれます。


ただ、デフォルトではきちんと表示されないのが、固定ページ。

私の調べ方が足りないのか、解説してあるサイトが出てこなかったので、いろいろといじくってみた結果、WPtouch設定画面の一番下のほうにある、「Pages + Icons」で表示されている各固定ページのチェックマークをチェックすると、スマホ用サイトでも表示されることがわかりました。

スマホ用サイトのトップにある、「Menu」をクリックすると、表示されるようになります。


固定ページの階層化が表示されないのが残念なところ(かん違いだったらすいません)。

WordPressの固定ページをフルに活用したサイトを作っている方には、ちょっと使いづらいかもしれません。

と思っていたら、どうやら有料版にすると、表示されるようになるみたいです。

で、上の画像をクリックして拡大画像を見てもらえばわかるように、固定ページを表示するように設定すると、青いメールのアイコンが表示されるようになります。

このメールアイコンをクリックすると、WordPressをインストールするときに入力したメールアドレスがそのまま出てきます。

なので、メールアドレスを表示したくないという方は、WPtouch設定画面の真ん中より少し下部分にある、「Enable Email Menu Item」という項目のチェックマークを外してください。


そうすれば、メールアドレスをさらさないで済みます。

これで、WordPressサイトのスマホ対応化は完了。

さて、手打ちHTMLサイトのスマホ対応はどうすればいいんだろう・・・。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。