Gushテーマのインストールでログイン画面が真っ白に。

何度も書いてますけど。

WordPressを使い始めて数年もたつと、閲覧しているサイトがWordPressを使っているかどうか、誰でも瞬時に見分けることができるようになります。

私の場合で、正解率は80パーセントくらい(笑)。

先日も、とてもかっこいいWordPressサイトを発見。

使っているテーマを調べてみたところ、「Gush」という国産無料テーマでした。

それも、かなりカスタマイズしてある様子。

※ ワードプレスのテーマを見分ける方法は、過去記事「気になるWordPressサイトが使用しているテーマを見分ける方法」が参考になります。

Gushは、これまた有名な国産無料ワードプレステーマの「Stinger」ユーザーだったエローラさんが、Stingerにインスパイアされて、ゼロから作られたWordPressテーマみたいです。

ネットで検索してみたところ、とても評判が良さそうだったので、さっそく、最近作ったばかりの新しいWordPressサイトにインストールしてみました。

インストール自体はうまくいったのですが、テーマの「有効化」ボタンをクリックしたところ、画面が完全フリーズ!

仕方がないので、いったんブラウザーを閉じ、再度ログイン画面を開いたところ、何と画面が真っ白!

これでは、ログインしようにもログインできない!

しかし、やはりWordPressを数年も使っていると、このような現象も一度や二度は出くわすもの。

私の場合、以前インストールしたプラグインが原因で、ログイン画面が真っ白になってしまったことがあります。

そこで、それほど慌てることもなく、「gush ログイン画面 真っ白」でGoogle検索をしてみたところ、WordPress公式サイトフォーラムの「テーマ「Gush」でログインできない」というQ&Aページがヒット。

プラグインの「No Self Pings」を使っていると、Gushと競合するとのこと。

確かに、No Self Pingsをインストールして使ってました…。

そこでさっそく、当サイトで使っているレンタルサーバーのミニバードの管理画面にログイン。

ファイルマネージャーから、「wp-content」フォルダ直下にある「plugins」フォルダにアクセスし、「no-self-ping」フォルダを削除。

no-self-ping-sakujo

再度ログイン画面にアクセスしたところ、今度はちゃんと表示されるようになりました。

No Self Pingsを使っているWordPressユーザーは意外に多いと思うので、これからGushをインストールしてみたいと思う方は事前に無効化、またはアンインストールをお忘れなく。

作者さんのサイトを見る限り、No Self Pingsは必要ないテーマみたいですね。

この記事を書いているのは2014年9月初旬なのですが、近々Gush2がリリースされるとのこと。

Gushよりもデフォルトの見た目がよりよくなっているそうなので、リリースされたらまたインストールしてみたいと思います。

最近は、かっこいい国産無料ワードプレステーマが少しずつ増えてきているので、WordPressのテーマ探しが楽になって助かります。

作者様たちに感謝感謝ですね。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。