Simplicity導入で行った設定。

前回の記事「使用テーマをSimplicityに変更。」では、当サイトでもついに、無料日本語ワードプレステーマを導入したことを書いてみました。

で今回は、導入した無料日本語ワードプレステーマ、「Simplicity」で行った設定について、少し書いてみたいと思います。

カスタマイズ機能が豊富なSimplicity

というのも、一度でもSimplicityをインストールしてみたことのある方ならお分かりだと思いますが、このテーマ、WordPress管理画面の「外観」 → 「カスタマイズ」から行える、各種カスタマイズ設定の数が半端ないんです。

customize-menu

たとえるなら、かゆいところに手が届き過ぎるテーマ(笑)。

一般的なWordPressユーザーが「あったらいいな」と思うようなカスタマイズ機能は、ほぼすべて管理画面から行えるといっていいくらいです。

たとえば主なものだけでも、文字サイズの変更(PC・スマホ)、投稿日・更新日の表示・非表示、投稿者情報の非表示、ライトボックス(画像拡大)効果、アイキャッチ画像の自動設定、サムネイルの表示・非表示、サイドバー位置(左右)の選択、各種SNSボタンの表示選択、Google Analytics・ウェブマスターツール設定欄、コメント欄の非表示などなど。

本来であれば、テーマのスタイルシートやPHPファイルを自分でカスタマイズするか、各用途別にプラグインをインストールしなければ実現できないようなことを、Simplicityなら、管理画面の「外観」 → 「カスタマイズ」の設定で簡単に実現できてしまいます。

さらに、1ヶ月に数回はテーマのバージョンアップが行なわれ、その度にカスタマイズできる項目がさらに増えていきます。

ウィジェット欄も豊富

最近の無料日本語ワードプレステーマでは一般的になってきた、Googleアドセンス専用のウィジェット欄ももちろんありますし、ウィジェット欄そのものも豊富に用意されています。

adsense-widgets

widget

投稿記事・固定ページにも独自機能

また、投稿記事や固定ページにも、アドセンス(広告)の非表示や、コメント欄を凍結する機能、検索エンジンがインデックスしないよう設定する機能など、Simplicity独自の機能が用意されています。

post-page-settei

当サイトおすすめのSimplicityカスタマイズ項目

しかし、これだけカスタマイズできる項目が用意されていると、逆にどこから手を付ければいいか迷ってしまう、WordPress初心者の方もさぞ多いだろうと思います。

まあ、インストールしたままのデフォルトの状態でもまったく問題はないのですが、今回の導入で当サイト管理人が行った、ちょっと地味だけれど、Simplicityでしておいたほうがよいおすすめカスタマイズ項目について、ご紹介してみたいと思います。

スキン機能

まず最初におすすめしたいのは、Simplicity独自?の機能である、「スキン」。

skin

Simpliciyのデフォルトは、淡白過ぎる(笑)ほど超シンプルな見た目ですが、このスキン機能を使うと、クリックするだけで瞬時に、グローバルメニュー(ヘッダー直下の水平メニュー)の色やスタイルが変わったり、ヘッダーが画像になったりして、それだけでサイトの見た目がずいぶん変わります。

ちなみに、当サイトで選択しているのは、「ラージピクチャーヘッダー」というスキンで、ちょっとオシャレっぽい?ヘッダーの板目の写真画像も最初から付属しています。

※ 「瑠璃紺きなり」に変更しました。

Simplicityを使うなら、この機能を使わない手はないと思います。

PCでサイドバーをレスポンシブ表示

次は、「レイアウト(全体・リスト)」から選択できる、「 PCでサイドバーをレスポンシブ表示」の選択を外すこと。

sidebar-responsive

デフォルトで選択状態ですが、ここが選択されていると、画面の小さいモバイルノートPCなどで見た時、メインコンテンツだけの1カラムになり、サイドバーはコンテンツの下に回り込んで配置されます。

simplicity-1column

画面の小さいPCでも、メインコンテンツとサイドバーの2カラムで表示させたい場合は、ここのチェックを外しましょう。

画像リンクをギャラリー表示

そして次は、「画像」から選択できる、「画像リンクをギャラリー表示」を選択状態にすること。

gazou-gallery

無料ブログには、記事内の画像をクリックすると、画像が拡大表示される機能がありますが、WordPressにはこの機能が用意されていません。

WordPressでこの機能を実現するには、Lightbox系のプラグインをインストールしたりする必要がありますが、Simplicityではその必要はなく、ただ「画像リンクをギャラリー表示」を選択状態にするだけです。

lightbox

記事下以外の広告位置

そして最後は、「広告」から選択できる、「記事下以外の広告位置」で、「サイドバートップ」を選択すること。

koukoku-ichi

ここは、Simplicity独自のGoogleアドセンス専用ウィジェット欄、「広告 300×250」に設置した、Googleアドセンスのレクタングル(300×250)広告が表示される場所を選択できる機能です。

この「広告 300×250」欄は、Simplicityでは本来、スマホ表示用のアドセンス広告を設置する箇所になっています。

ちなみに、ここにアドセンス広告を設置しないと、スマホ表示ではGoogleアドセンスが表示されないので、アドセンスを利用したい方は必ず設置してください。

その他にも、「広告 300×250」欄は、PC表示で3つめのアドセンスが表示できるウィジェット欄にもなっていて、「関連記事下(デフォルト)」、「サイドバートップ」、「本文記事中(H2見出し手前)」のどこに表示するかを選択できます。

当サイト管理人はサイドバートップに広告を表示させたい派なので、「サイドバートップ」を選択しました。

まとめ

Simplicityの「外観」 → 「カスタマイズ」で設定できる、当サイトおすすめのカスタマイズ項目は以上です。

Simplicity作者のわいひらさんは常に意欲的にSimplicityを改善されているので、ひょっとしたらこれらの機能は、更に別のよりよい機能に変わっている可能性もあります。

見当たらない場合は悪しからず。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] Simplicity導入で行った設定。前回の記事「使用テーマをSimplicityに変更。」では、当サイトでもついに、無料日本語ワードプレステーマを導入したことを書いてみました。で今回は、導入した無料日本語ワードプレステーマ、「Simplicity」で行ったwp.8jimeyo.info […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。