WordPress公式ディレクトリ配布テーマには絶望…。

ここのところの大雪(2014年2月)で、休日でも家にこもることが多い管理人です。

建国記念日も外出できなかったので、久しぶりにWordPress公式ディレクトリのテーマ配布サイト、Themes Directoryで、使えそうなテーマを探してみました。

この記事を書いている時点で使っているテーマ、「Simple Catch」も1年以上になるので、そろそろ模様替えをしようかと画策中です(笑)。

ご存知の通り、膨大な数のテーマが無料でダウンロードできるのが、WordPress公式ディレクトリのテーマ配布サイトの魅力。

午後から約半日もかけて、必死で自分好みのテーマを探してみましたが、残念なことに、納得できるものは1つも見つかりませんでした(笑)。

徒労?

ということで、ちょっと人気WordPressブログ風の記事タイトルにしてみました(笑)。

本当に絶望したわけではありません(笑)。でも、それに近いかも。

最近のテーマはどれも変則的?カッコ良すぎる?テーマが多くて、個人的に好みのシンプルな、昔ながらのスタイルのテーマがあまり見当たりません。

私はまだちゃんと試したことがないのですが、国産テーマのStinger3がものすごい人気なのも、よく分かるような気がします。

検索でヒットするWordPressサイトのほとんどが、Stinger3を採用しているような気がする…。

※ 機会があれば、またStinger3をしっかりと試してから記事にしてみたいと思います。

同じく、当サイトでも何度かご紹介している国産テーマのBizVektorもそうですが、やっぱり日本人には、日本語フォントを前提にして制作してあるWordPressテーマが一番使いやすいのは間違いありません。

はっきり言うと、WordPress初心者が、WordPress公式ディレクトリのテーマ配布サイトの中から、自分の使いたいテーマを探し出すのはかなり大変ですし、その見つけたテーマを日本語フォントが使えるようにしたり、インターフェイスの英語を翻訳したりしてカスタマイズして見映え良くするのは、もっと大変だと思います。

そういう意味では、個人のブログサイトならStinger3、お店や企業などのビジネスサイトならBizVektorを最初から使ってしまうのが、一番苦労がなくて良いと思います。

WordPressには有料のテーマもいくつもありますが、そちらについては次回の記事でまとめてみたいと思います。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。