WordPressの「自動下書き保存」機能。

WordPressには、「自動下書き保存」というありがたい?機能があります。

WordPressのダッシュボードから、投稿の「新規追加」メニューをクリック。

開いた投稿編集画面から、記事タイトルや記事文章(テキスト)を入力すると、左サイドにある「下書きとして保存」ボタンをクリックしなくても、いつのまにか、それまで入力したタイトルやテキストを自動的に保存してくれているという機能です。



もし、「下書きとして保存」ボタンを一度もクリックしないまま、投稿編集画面を閉じてしまったとしても、ダッシュボードの「投稿一覧」をクリックすると、ちゃんと下書き記事が保存されています。

なので、WordPressに限っては、下書き中の記事がうっかり消えてしまったということはほぼ皆無なので、WordPress初心者にとっては、本当にありがたい機能です。

記事テキストに新たな変更がある限り、1分間ごとに、この自動下書き保存機能が働いているみたいです。

記事テキストに何も変更がなければ、自動下書き保存機能は働きません。

この、「自動下書き保存」機能とは別に、WordPressにはもう1つ、「投稿リビジョン」という、投稿記事の保存機能があります。

投稿リビジョンは、いわば投稿記事の世代管理のための機能。

「下書きとして保存」ボタンをクリックするたびに、またはいったん公開した投稿記事の「更新」ボタンをクリックするたびに、それ以前に保存されていた投稿記事が、リビジョン(投稿記事の過去バージョン)として保存されます。

記事の文章を加筆・修正して保存したのだけれど、やっぱり前のほうがよかったという場合、リビジョンの「復元」ボタンをクリックすれば、簡単に加筆・修正前の記事バージョンに戻ることができます。

しかし、この投稿リビジョン機能。

記事の保存操作をするたびにどんどん数が増えていくし、そのたびにWordPressの投稿ID(PostID)を消費して、データベースを圧迫するしで、あまり評判がよくありません。


個人的には、リビジョンは1つあれば、十分だと思うんですけどね。

なおかつ、WordPressには、古い投稿リビジョンを削除したり、保存する投稿リビジョンの数を制限するための簡単な機能がデフォルトでは備えられていないので。

そういう場合は、「Revision Control(リビジョンコントロール)」というプラグインをインストールすれば、簡単に古い投稿リビジョンの削除や、保存する投稿リビジョンの数を制限することができます。

私たちは、パソコンを使いはじめた頃から、こまめにデータ保存するように条件付けされているわけですが。

WordPressの投稿編集画面に限っては、あまり「下書きとして保存」ボタンはクリックしないほうがいいのかも。

何度も文章の推敲を重ねる方は、「Windows Live Writer」のようなブログエディタで文章(テキスト)作成をしてから、WordPressに投稿したほうがいいかもしれません。

Windows Live Writerは、WordPressに対応しています。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。