WordPressのカスタムメニュー機能。

 

WordPressを使いはじめたころ、使い方がわからなくて、最初ちょっとつまづいたのが、WordPress管理画面の左サイドメニューの「外観」 → 「メニュー」をクリックすると表示される「カスタムメニュー機能」です。




しかし、一度使い方をおぼえてしまうと、これくらい便利な機能もないと思うくらい便利。

基本的には、サイトのヘッダーのすぐ下にある、グローバルメニューでメニュー表示をカスタマイズするために使うことが多い機能ですが、お使いのテーマによっては、さらにヘッダーとかフッターに設置できるメニューのカスタマイズもすることができます。。



私は最初わからなかったんですが、まず最初に「メニューの名前」の空欄に適当な名前を入力して、「メニューを保存」ボタンをクリックして保存しないと、使えるようになりません。

メニューの名前は、英数字でも日本語でもかまいません。



その後、「テーマの場所」という項目で、お使いのテーマでメニューが利用できる場所がいくつか表示されているので、メニューを利用したい場所のプルダウンメニューから、使いたいメニューの名前を選択して、「保存」ボタンをクリックすると、サイトにカスタムメニューが表示されるようになります。



この、WordPressのカスタムメニューはかなり便利で、デフォルトでは、投稿記事のカテゴリーをメニュー表示できる「カテゴリー」や、各固定ページをメニュー表示できる「固定ページ」、それからURLを指定することでメニュー表示できるようになる「カスタムリンク」があります。

「カスタムリンク」を使うと、別ドメインの関連サイト、ブログなどもメニュー表示できるようになります。

 

そして、私は当サイトの「WordPress学習の参考になるおすすめ本」コーナーでご紹介している本、『WordPress 3.x (速習デザイン)』を読むまでまったく気が付かなかったのですが。

メニューの管理画面の一番上にある「表示オプション」ボタンをクリックすると、さらに個別の投稿記事をメニュー表示できる「投稿」や、タグをメニュー表示できる「タグ」も追加することができるようになります。

 

さらに、個人的にとてもありがたいと思うのが、「ナビゲーションラベル」という、メニュー表示されるタイトル?ラベル?の部分を自由に変更できる機能。

たとえば、当サイトのグローバルメニューにある「レンタルサーバーの選び方」というメニューは、実際の固定ページでは「WordPress初心者のためのレンタルサーバーの選び方、プランの選び方」というタイトルなんですが。

これをそのままメニュー表示していたら、それだけでグローバルメニューがいっぱいになってしまうので、「ナビゲーションラベル」を利用して、「レンタルサーバーの選び方」というメニュータイトルにしています。



これって、Dreamweaverやホームページビルダー、フリーのHTMLエディタなどで作成したHTMLサイトなら当たり前にできることですけど、私が利用したことのあるCMSの中には、これができないものもありました。

 

あと、当サイトでは利用してませんが、メニューの下に子メニューを作ることもできます。

 



また、「メニューの名前」の「+」ボタンをクリックし、新しい名前を付けることで、新規にいくつでもメニューグループ?を作成することができます。

作成したメニューグループは、ウィジェット機能を使って、サイドバーに表示することもできるようになります。



ただ、WordPressの場合、デフォルトではサイドバーに表示したウィジェットはどのページにも表示されるようになってしまうので。

当サイトの記事「WordPressのウィジェットをカテゴリーや投稿記事、固定ページごとに表示・非表示にしてくれるプラグイン、「Dynamic Widgets」。」でご紹介したような、個別のウィジェットを自由に表示させたり非表示にできるプラグインを使うと、必要なカテゴリー、固定ページやその子孫ページだけで個別のメニューを表示できるようになるので便利です。

 


 

1 Comment

コメントを残す

Current day month ye@r *

Return to Top ▲Return to Top ▲