WordPressの「抜粋」機能について。

WordPressをはじめたばかりの頃って。

記事を書くのに一生懸命で、サイトの細かい見映えまでは、なかなか気が回りません。

管理画面の使い方を覚えるのにも一生懸命で、閲覧者として、正面玄関から自分のブログを眺める余裕がありませんから、仕方ないですよね。

最初のWordPressサイトでしばらくの間、ひたすら記事を書き続けて、ちょっと余裕が出てきたとき、気がついたのが、WordPressの「抜粋」機能。

WordPressの抜粋は、トップページや、個別記事を見ているときには出てきません。

トップメニューやサイドバーにある、各カテゴリーへのリンクや、月別アーカイブなどの、各アーカイブ(カテゴリー別アーカイブ、月別アーカイブなど)ページへのリンクをクリックすると、出てきます。

何もしないままだと、こんな感じで表示されます。


当ブログのような内容が薄いサイトだと、記事全文が表示されてしまいます。

それも、改行も段落もくそもなく、ひたすら文字で埋め尽くされています。

こういうときに便利なのが、「抜粋」機能です。

投稿編集画面の、記事入力欄の下に、抜粋を入力する欄があります。


ここに、本文の適当な段落をコピペすると、アーカイブページでは、こんなふうになります。


これで、アーカイブページの見映えが良くなりました。

この例では、抜粋入力欄に、HTMLタグも一緒にコピペしていますが、表示されるときには除外されるので問題ありません。

というか、HTMLタグも一緒にコピペしたほうが、記事どおりに表示されていいような気がします。

なお、投稿編集画面に抜粋入力欄が見つからない場合、画面右上にある、「表示オプション」という部分をクリック。


「画面に表示」という部分にある、「抜粋」のチェックを入れると、抜粋入力欄が表示されるようになります。


WordPressをはじめたばかりで、抜粋をほったらかしにしていた方は、ぜひ整備してみてください。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。