WordPressの子テーマ機能を使って、Google Analyticsのコードを設置。

ちょっと前の記事、「WordPressの子テーマ(child theme)機能を使ってみる。」で、WordPressの便利機能である「子テーマ」機能の導入の仕方についてご説明したので。

今回は、さっそく子テーマ機能を使ってみたいと思います。

で、何をするのかというと。

Googleが無料で提供しているWebアクセス解析サービスである、「Google Analytics(アナリティクス)」のコードを、子テーマ機能を使って、WordPressサイトに設置してみたいと思います。

WordPressサイトへの、Google アナリティクスのコードの設置というと、プラグインを利用したり。

使っているテーマによっては、Google アナリティクスのコードを入力する欄があるものも多いので、そちらを利用されている方も多いと思いますが。

今回は、プラグインやテーマの機能に頼らずに、Google アナリティクスのコードをWordPressサイトに設置してみたいと思います。

実は私もこのサイトでは、「Weaver」というテーマで用意されている、Google アナリティクスのコードを入力できる欄を利用しているのですが。

先日、新規に作成した趣味のWordPressサイトで採用したテーマが、Google アナリティクスのコードを入力する欄がなかったので、子テーマを利用してGoogle アナリティクスのコードを設置してみました。

方法は、あっけないほど簡単です。

まず、「WordPressの子テーマ(child theme)機能を使ってみる。」記事を参考にして、現在使っているテーマの子テーマを作成する。

次に、FTPソフトか、レンタルサーバーのファイルマネージャー機能を使って、子テーマフォルダの中に、「header.php」というファイルを新規作成します。



WordPressの管理画面左サイドメニューの「外観」 → 「テーマ」から、親テーマを有効にします。

「外観」 → 「テーマ編集」から、右サイドにある「header.php」メニューをクリックします。


出てきた「header.php」ファイルの内容を全選択して、コピーします。


今度は、子テーマを有効にして、新規作成した空の「header.php」に、コピーした内容を貼り付け、「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

コピーした内容を貼り付けた「header.php」ファイルの先頭のほうにある、「</head>」の部分を探します。


「</head>」の直前に空行をいくつか作り、Google アナリティクスのコードをコピペし、「ファイルを更新」ボタンをクリックすれば、作業は終了です。


Google アナリティクスのコードの前後を、HTMLのコメントで囲っておくと、いざというときにわかりやすいかもしれません。

<!–– google_analytics ––>
Google アナリティクスコード
<!–– /google_analytics ––>

このように、WordPressの子テーマ機能を使うと、親テーマのアップデートに影響されることなく、直接WordPressの「header.php」ファイルにGoogle アナリティクスのコードを埋め込むことができます。

あるていど、WordPressに慣れたら、ぜひ子テーマにチャレンジしてみてください。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。