WordPressのピンバック機能。

WordPressには、「ピンバック」という機能があります。

トラックバックの一種で、WordPressサイトどうしでのみ通用する機能です。

トラックバックの場合、トラックバックをする人が、手動でトラックバックの設定をするわけですが。

ピンバックの場合、投稿記事中に、他のWordPressサイト記事へのリンクを貼ると、自動的にトラックバックしたのと同じことになります。

トラックバックは、トラックバック先のサイトの記事については何も言及しなくてもできてしまう行為なので、ただ単に自分のサイトの記事に訪問してくださいという無理やりな感じが否めません。

、トラックバックスパムという言葉もあるように、自分のご都合だけで出きてしまう行為なので、ちょっと心理的な敷居が高く、私のような内気な人間には、なかなか実行することができません。

しかしピンバックだと、自分のWordPressサイト記事で、他のWordPressサイト記事へのリンクを貼るだけで、自動的に相手サイトに通知が行き、リンクを貼った相手サイトの記事のコメント欄に、自分の投稿記事のタイトルが表示されるので、トラックバックというよりも、相互リンク状態になります。

相手サイトの投稿記事を自分のサイトで紹介することで、相手サイトにも自動的に連絡が行き、相手サイト側が承認すれば、相互リンクしたのと同じことになるので、紹介する側される側のどちらにもメリットがある、とても素晴らしい機能だといえます。

また、私のような内気な人間は、自分のサイトで他サイトの記事を取り上げても、なかなか相手サイトに連絡する勇気がないのですが、相手サイトがWordPressサイトなら、自動的に連絡が行くので、これもありがたい機能です。

単純に素晴らしいと思った記事にリンクを貼って紹介することで、自動的にWordPressサイトどうしの輪ができてしまうという感じでしょうか。

WordPressサイトどうしならではの利点ではないかと思います。

次回は、このピンバックの問題点について書いてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 今回学ばせてもらったのはゼロから始めるWordPressさんのこの記事。 とてもわかり易く書かれていたので、リンクを貼りました。 このリンクにもピンバック機能が働いて、コメント欄に […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。