WordPressの自動整形表示機能。

無料ブログから、初めてサーバーをレンタルしてWordPress を使いはじめて、びっくりしたことがあります。

テキスト行頭の1字下げができない。

空行が無視されて、いつの間にか削除されている。

これは、WordPressのビジュアルエディタを使っているのが原因。

オートパラグラフ(自動整形表示)機能という、親切なんだかおせっかいなんだかわからない機能のおかげでなるらしい。

ならばと、エディタのモードを「ビジュアル」から「HTML」に変更。

HTMLタグを使ってテキストを作成し、1字下げや空行を実現。

やった!成功。

しかし、うっかり、エディタのモードを「HTML」から「ビジュアル」に戻してしまうと、また、1字下げや空行が消えてしまいます。

そして、また「HTML」モードに戻すと、せっせと入力したテキスト部分のHTMLタグも消えさっています。

また、「HTML」モードで入力した広告のコードなども、「ビジュアル」モードと「HTML」モードを行き来しているうちに、勝手に整形されていたりします。

解決策は簡単です。

1字下げや空行にこだわる方、広告コードなどを挿入する方は、エディタの「HTML」モードだけを使うようにすること。

「ビジュアル」モードは使わないことです。

管理画面左サイドのナビゲーションメニューで、「ユーザー>ユーザー」をクリックします。


自分のユーザー名をクリックすると出てくる「プロフィール」画面の「個人設定」で、「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックを入れて更新します。

「HTML」モードと「ビジュアル」モードを切り替えるタブが表示されなくなります。


これでうっかり、「ビジュアル」モードにしてしまうミスがなくなります。

ちなみに、私はWordPressで記事を書くときは、行頭1字空けするのはやめました。

この記事を書くため、久しぶりに「ビジュアル」モードを使ってみたところ、空行が実現していました。

WordPress3.1から改善したのかなあ。でも行頭1字空けはまだできなかった。

どうしても、「ビジュアル」モードで、行頭1字空けを実現したいという方には、プラグインを使うのがいいでしょう。

私は、「PS Disable Auto Formatting」を使っています。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] した。お名前は「PS Disable Auto Formatting」教えていただいたサイトはコチラ→→→http://wp.8jimeyo.info/tips/wpautop/本当にありがとうございます!さて、早速プラグインを検索・新規追加・有効 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。