ミニバード(minibird)

初期費用(税抜) 1500円
月額料金(税抜) 250円(1年払い・6ヶ月払い)、300円(3ヶ月払い)
利用可能MySQL 5個
ディスク容量 50GB
独自ドメイン 50個まで
サブドメイン 1000個まで
WordPress
自動インストール
有り
メール 500アカウントまで。Webメール、ウィルスチェック、スパムフィルター機能有り
支払い方法 クレジットカード払い、銀行振込、コンビニ払い、Paypal
お試し期間 2週間
ホームページ ミニバード

ミニバードとは

ミニバード(minibird)は、京都のネットオウル(Netowl)株式会社が運営している初心者向け格安レンタルサーバー。

minibird-toppage

月額250円(税抜)から利用でき、実は当サイトもミニバードで運営しています。

ネットオウルはミニバードだけでなく、高機能レンタルサーバーのファイアバードクローバー、独自ドメインサービスのスタードメイン、無料レンタルサーバーのウェブクロウWPblogなど、数多くのサーバー関連サービスを提供している会社です。

ミニバードのプラン

ミニバードで提供されているのは、初期費用1500円(税抜)、月額料金250円(税抜)から利用できる1プランのみ。

運営するWordPressサイトが増えて、MySQLの数が足らなくなった場合でも、プラン変更はできませんが、5サイトていどまでのWordPressサイトを運営したい方には最適なレンタルサーバーです。

「初期費用半額」などのキャンペーンをわりと頻繁に行なっているサーバーなので、その時に申し込むとお得です。

利用可能MySQL数は5個

月額250円(税抜)~と低価格でありながら、MySQL数を5個まで利用可能。

ワードプレス初心者が初めて使うには、適当な個数だと思います。

ミニバードのスペック

ディスク容量は50GB、独自ドメインは50個まで、サブドメインは1000個までと、レンタルサーバー初心者ではたぶん、使い切れないスペックになっています。

メールアカウントも500個まで作成でき、Webメール機能、ウィルスチェック機能(F-Secure)、スパムフィルター機能も用意されています。

低価格サーバーなので、ビジネスサイト運営などで利用されがちなメーリングリスト、メールマガジン機能はありません。

WordPress専用セキュリティ対策を装備

WordPress専用セキュリティ対策を装備しているところも、ミニバードをおすすめしたい大きな理由の1つ。

具体的には、「ダッシュボードアクセス制限」、「WordPressログイン試行回数制限」「大量コメント・トラックバック制限」などがあります。

「ダッシュボードアクセス制限」は、WordPressのダッシュボードへの国外IPアドレスからのアクセスを制限する機能。

dashboard-seigen

「WordPressログイン試行回数制限」は、WordPressのログイン画面へのブルートフォースアタック(パスワード総当り)攻撃が行なわれた場合に、同じIPアドレスからのログインを一定時間制限する機能。

login-seigen

「大量コメント・トラックバック制限」は、短時間に大量のコメント・トラックバックが行なわれた場合に、一定時間制限する機能です。

comment-seigen

これらの機能はデフォルトで「有効」になっている場合が多いですが、ユーザーが手動で有効・無効を設定することができます。

簡単インストールのWordPressバージョンは頻繁に更新

WordPressの簡単(自動)インストール機能も標準装備されています。

簡単(自動)インストールで使われるWordPressのバージョンも、頻繁に最新版に更新されています。

メジャーバージョンアップ(小数点第一位)時はもちろん、マイナーバージョンアップ(小数点第二位)でもWordPressに大きな変更があった場合は、簡単インストールのWordPressバージョンが更新されます。

「ネットオウルのドメイン」が使える

ミニバードでは、通常のレンタルサーバー契約時に与えられる初期ドメイン(サーバーID.minibird.jp)に加えて、「ネットオウルのドメイン」を3個まで無料で利用することができます。

ネットオウルのドメインとは、ネットオウル所有の100個以上のjpドメインに、ユーザーが任意のサブドメインを付けることで使えるようになる、ちょうど無料ブログのドメインと同じようなドメインです(任意のサブドメイン.beginner.jpや、任意のサブドメイン.official.jpなど)。

解約すれば使えなくなってしまうドメインですが、自分のドメインを持っていない場合や、あえて有料のドメインを使う必要がないサイトの作成に使うと便利です。

netowl-domain

ミニバードの支払い方法

クレジットカード払い、銀行振込、コンビニ払い、Paypalと、利用金支払いの選択肢が豊富です。

ミニバードの料金支払い方法は、「ネットオウルプリペイド」という、プリペイドタイプの支払い方法になっています。

あらかじめ入金しておくと、そこから支払い時期に請求分だけが引き落とされる仕組みになっているので、料金の請求通知メールが来たら、サーバー料金分だけを入金することもできますし、数回分の代金をまとめて入金しておく、ということも可能です。

また、ネットオウルプリペイドは、ネットオウル運営の各サービス共通の支払い方法になっているので、たとえばスタードメインの独自ドメインの更新料金と、ミニバードの料金の両方をまとめて入金しておく、といったこともできます。

ちなみに、スタードメインで独自ドメインを取得・移管すると、ミニバードの初期費用や利用料金支払いに使えるネットオウルポイント(ドメイン価格の20%分)が付くのでお得です。

ネットオウルポイントは、毎年ドメインを更新するときにも付くので、スタードメインで独自ドメインを契約している限り、継続的にサーバー料金のポイント割引が可能です。

なお、1度入金したネットオウルプリペイドは換金できないので、計画的に入金することをおすすめします。

お試し期間は2週間

ミニバードのお試し期間は2週間です。

申し込みから2週間は無料でミニバードを使えるので、このあいだにミニバードの実際の使い勝手や、WordPressがスムーズに運用できるか試してみることができます。

このお試し期間の2週間以内に入金を済ませれば本契約になりますし、入金しなければ作成した新規サーバーアカウントは使えなくなり、自動的に申し込み破棄になります。

ミニバードでWordPressをインストールするコツ

ミニバードでWordPressのインストールを成功させるには、少しコツのようなものがあるので説明します。

ミニバードで独自ドメインやサブドメインの設定(追加)を行なうと、専用のフォルダが自動的に作成されます。

そのとき、フォルダ内に「index.html」、「default_page.png」、「.htaccess」の3つのファイルも自動的に作成されるようになっています。

この3つのファイルのうち、「index.html」と「default_page.png」の2つのファイルは、WordPressのインストール作業をする前に必ず削除するようにしてください。

この2つのファイルは、まだサイトがアップロードされていない場合に表示される、仮のウェブページのファイルなのですが、特に「index.html」が残っていると、WordPressをインストールしてもサイトが表示されないので、ものすごくあわてることになります。

minibird-index-html

WordPress簡単(自動)インストールを利用する場合でも同じなので、注意してください。

具体的には、サーバー管理画面の「FTPアカウント設定」ページからアクセスできるファイルマネージャー(WebFTP)で該当フォルダを開き、「index.html」ファイル、「default_page.png」ファイルの右横並びにあるそれぞれのゴミ箱アイコンをクリックするだけです。

index.html

ミニバードの評価

当サイトでご紹介しているレンタルサーバーの選び方のチェックポイントをすべて満足させる、ワードプレス初心者には最もおすすめしたいサーバーです。

特に、WordPressのセキュリティ対策に注力している点、初心者でも支払いやすい適切な価格が高く評価できます。

低価格にもかかわらず、サービス内容(MySQL5個、ディスク容量50GB、独自ドメイン50個、サブドメイン1000個など)が充実している点も高評価です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加