さくらのレンタルサーバ

コース名 スタンダード
初期費用 1000円
月額換算料金 約417円(年間一括5000円)、500円(毎月払い)
MySQLの個数 20個
WordPress
簡単インストール
有り
独自ドメイン
簡単設定
有り ※「さくらのドメイン取得」使用の場合
ディスク容量 100GB
マルチドメイン 独自ドメイン、サブドメイン合わせて計20個まで
支払い方法 クレジットカード払い、銀行振込、自動口座振替、ゆうちょ振替、コンビニ払い
お試し期間 2週間
ホームページ さくらのレンタルサーバ スタンダード

● さくらのレンタルサーバとは

さくらのレンタルサーバは、大阪に本社がある、さくらインターネット株式会社が運営している、共用レンタルサーバーサービスです。

レンタルサーバー業界の老舗で、実は、他の大手や中小規模のレンタルサーバーサービスでも、データセンターはさくらの施設を使っているというところがけっこうあります。

そういう意味では、サーバーの安定性の信頼がの高いレンタルサーバーサービスといっていいと思います。

● さくらのレンタルサーバの各プラン

さくらのレンタルサーバーは、いくつかの個人向けと法人向けのサービスがありますが、個人向けサービスとしては、「さくらのレンタルサーバ ライト」、「さくらのレンタルサーバ スタンダード」「さくらのレンタルサーバ プレミアム」の3つのプランが用意されています。

「さくらのレンタルサーバ ライト」は、月額換算料金125円と最安ですが、PHPは使えるものの、データベースのMySQLが利用できないため、WordPressは使うことができません。

「さくらのレンタルサーバ スタンダード」は、月額料金500円で、PHPとMySQLが利用できるので、WordPressが使えます。利用できるMySQLの数は20個。

「さくらのレンタルサーバ プレミアム」は、月額料金1500円で、PHPとMySQL50個が利用できます。

WordPress初心者向けの、月額換算料金500円台以下で使えるレンタルサーバー、プランをご紹介している当サイトとしては、さくらのレンタルサーバ スタンダードを取り上げてご紹介してみます。

● さくらのレンタルサーバ スタンダードの機能

さくらのレンタルサーバ スタンダードは、月額料金500円で、利用できるMySQLの個数は20個と、かなりリーズナブル。

ロリポップ!のチカッパプラン(月額換算料金525円~で利用できるMySQLの個数が30個)には負けますが、それでもMySQL1個当たりの料金で比較すると、激安レンタルサーバーと肩を並べるくらいのコストパフォーマンスの高さです。

さくらのレンタルサーバ スタンダードで利用できるマルチドメイン数は、独自ドメインとサブドメイン、それにサーバー契約時に与えられる初期ドメインの合わせて計20個まで。

WordPress初心者にはありがたい、WordPress簡単インストールにも対応しています。

利用できるディスク容量は100GBです。

● マルチドメイン数に注意

さくらのレンタルサーバ スタンダードで利用できるマルチドメイン数は20個になっていますが、ここにはサーバー契約時に与えられる初期ドメイン(ユーザーアカウント.sakura.ne.jp)も含まれているので、正確には、利用できる独自ドメイン・サブドメイン数は、合計19個までになります。

さくらのレンタルサーバ スタンダードの場合、利用できるMySQLの個数は20個までなので、MySQLを1個を専用で使った、WordPressの独自ドメイン・サブドメインサイトは19サイトまで作成できることになります。MySQLの残りの1個は、利用している独自ドメインかサブドメインのサブディレクトリサイト、または初期ドメインか、さくら提供のドメインを利用したサイトで使うことになるので、注意してください。

● さくらのレンタルサーバ スタンダードの簡単ドメイン設定

さくらのレンタルサーバでは、「さくらのドメイン取得」で独自ドメイン取得サービスも行なっています。

「さくらのドメイン取得」で独自ドメインを取得すると、さくらのレンタルサーバでの独自ドメイン設定が簡単になります。

ただ、さくらのドメイン取得は、1年めの新規取得費用、2年めからの更新費用ともに1800円と、他の独自ドメイン取得サービスの平均的な取得料金・更新料金が1000円以下であることを考えると、かなり割高。

「さくらのレンタルサーバ スタンダード」自体はすごくコスパが高いので、独自ドメインは他社の独自ドメインサービスで取得するといいと思います。

● さくらのレンタルサーバ スタンダードの料金体系

さくらのレンタルサーバ スタンダードの料金は、初期費用が1000円で、月額料金が500円。

1年一括払いだと5000円と、2ヶ月分がタダになり、かなりお得になります。1年めだと別途、初期費用1000円がかかります。

● さくらのレンタルサーバの長所

大型データセンターを持つ老舗のレンタルサーバーということ以外にも、さくらのレンタルサーバーの長所はまだまだあります。

プランに関係なく、初期ドメイン(アカウント名.sakura.jp)の他にも、さくらのレンタルサーバーが所有している60種類以上のドメインに任意のサブドメイン名を付けたドメインを2つ、利用できるようになります。

1例をあげると、「サブドメイン名.websozai.jp 」とか、「 サブドメイン名.matrix.jp」といった感じ。

また、これはWordPressサイトを作成・運営しようとしている方にはあまり関心を持たれないかもしれませんが、さくらのブログという、Seesaaブログと同じシステムのブログサービスを利用できるようになります。

さくらのブログのURLは、「任意の名前.sblo.jp」になります。

独自ドメインも利用できて、ブログを50個まで作成することができます。

● さくらのレンタルサーバの料金支払い方法

さくらのレンタルサーバの料金支払い方法は、クレジットカード払い、銀行振込、自動口座振替、ゆうちょ振替、コンビニ払いと、選択肢が豊富です。※ ゆうちょ振替、コンビニ払いの場合は、請求書発行手数料315円がかかります。

なお、1年一括払いではなく、月額で支払う場合は、初回のみ2ヶ月分(1000円)+初期費用1000円になります。

● お試し期間は2週間

さくらのレンタルサーバーはお試し期間があるので、本契約をする前にサーバーの使い心地を確かめることが可能です。

お試し期間は申し込みから最初の2週間まで。

さくらのレンタルサーバーを使ってみたいと思われる方は、この2週間以内に管理画面の使い心地や、WordPressを実際にインストールして試してみてください。

使い心地に納得すれば、2週間以内に管理画面から入金手続きをして、入金を済ませることで本契約になります。

● さくらのレンタルサーバ スタンダードの評価

月額料金500円、1年一括払いの場合は月額換算料金約417円で、MySQL1個を専用で利用できるWordPessサイトが20サイト作成できるので、激安サーバーと比較しても、決して見劣りしないプランです。

10~20個のWordPressサイトを作成・運営したい方には、ぴったりのサービスです。

ただ、さくらのドメイン取得は今のところ割高なので、費用を安く抑えたい方は、独自ドメイン簡単設定はあきらめて、別の独自ドメインサービスを利用したほうがいいかもしれません。

また、料金の支払い方法が豊富なのはいいのですが、料金の支払い期間が、月額か、または1年一括払いかの二択しかなく、3ヶ月払いや6ヶ月払いといった期間がないのは、WordPress初心者にはつらいところです。

ということで、WordPress初心者であっても、一度借りたらずっと使い続けること、そして将来的に10個~20個といった多くのWordPressサイトを作成・運営することがわかっている方には、ぴったりのプランだと思います。

私が観察している限り、さくらのレンタルサーバにはキャンペーンがなく、年中同じ価格みたいなので、いつ申し込んでも損はしないレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバーの安定性と信頼性というブランドを重視する方にもおすすめのプランです。

当サイトの「レンタルサーバーの選び方、レンタルサーバーのプランの選び方の4つのポイント」を3つ以上クリアしているので、おすすめのレンタルサーバーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加