KeePassのデータベースを同期する方法。

以前、WordPressのパスワード管理に便利な、KeePass Password Safeというソフトをご紹介しました。

WordPressのみならず、複数の通販サイトや各種クラウドサービス、SNSなど、インターネットを利用していると否応なく、ものすごい数のパスワードを管理しなければならなくなります。

そういう時に便利なのが、無料(フリー)のパスワード管理ソフト、KeePass Password Safeです。

これまでは、主にデスクトップパソコンでKeePassを利用していたのですが、今年(2014年)になってから、モバイルノートパソコンでもKeePassを使いはじめました。

そこで困ったのが、デスクトップパソコン側とノートパソコン側で、KeePassのデータ(データベースファイルの内容)がどんどん違ってくること。

KeePassのデータベースファイルを一元化しておけばよいだけのことなのですが、ついつい放っておくと、デスクトップパソコンのKeePassにしか登録していないエントリー(ユーザー名とパスワードの組み合わせ)や、逆にノートパソコンにしか登録していないエントリーが、少しずつ増えていきます。

いざKeePassを使おうと思っても、その時使っているパソコンに必要なエントリーが登録されていないと、もうお手上げです。

かといって、それぞれのパソコンのKeePassに別々のエントリーが登録されているので、単純に一方のデータベースファイル(.kdb)で上書きすれば問題解決というわけにもいきません。

困ったあげく、現在使っているKeePass 1.xバージョン(クラシックエディション)のソフト画面をイジってみたところ、「インポート」という機能を使えば、KeePassのデータベースファイルを同期、つまりエントリーの登録や変更、追加部分だけを上書きできることが分かりました。

今回は、ノートパソコンのKeePassのデータベースファイルを、デスクトップパソコンのKeePassにインポートしてみます。

手順は、以下の通り。

KeePass 1.xバージョン(クラシックエディション)を起動し、メニューバーの「ファイル(F)」→「インポート(I)」→「KeePassデータベース(K)」をクリック。

keepass-database

あらかじめUSBメモリにコピーしておいた、ノートパソコンのKeePassデータベースファイルを開きます。

hiraku

マスターパスワード入力画面が出てくるので、入力して「OK」をクリック。

password

オプション画面が出てくるので、「新しければ上書き」を選択して、「OK」をクリック。

option

KeePassの画面的にはほとんど変化がありませんが、上書きされたグループにだけ、うっすら背景色が付いています。

uwagaki

画像をアップしてしまうと、管理人の運営している全WordPressサイトが分かってしまうのでさすがにできませんが(笑)、ノートパソコンのKeePassにしか登録していなかったWordPressサイトのエントリーが、デスクトップパソコンのKeePassにちゃんと追加されていました。

今度は、ノートパソコンのKeePassでもデスクトップパソコンのKeePassデータベースファイルをインポートすれば、両方のKeePassのデータベースファイルが完全に同じになります。

KeePass 1.xバージョンを複数のパソコンで使っているうちに、登録エントリーがバラバラになってしまっている方は、ぜひ一度試してみてください。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。