ネットオウルの「メンバー管理ツール」がさらに便利に。

当サイト「ゼロからはじめるWordPress」は、ミニバードというレンタルサーバーを使っています。

独自ドメインは、スタードメインという独自ドメイン取得サービスで取得しました。

ミニバードもスタードメインも、京都にあるネットオウル株式会社が運営しているサービスなので、当サイトのネットオウル依存度は100パーセント。

ミニバードは2010年に借りて、当サイトのドメインは2011年に取得したのですが、当時は、特にミニバードの評価や評判などの情報がネットにほとんどなくて、でも料金の割にはMySQLが他のレンタルサーバーよりも多く使えたので、なかば人柱覚悟で申し込んだのを覚えています。

しかし、それからのネットオウルは、WordPressが使える無料レンタルサーバーのウェブクロウPHP APPSなどのサービスをはじめたり、今年(2013年)の1月には高機能レンタルサーバーのエックスサーバーで有名なエックスサーバー株式会社の子会社になったりと、どんどん成長している感じです。

今月(2013年11月)も、ネットオウルから「メンバー管理ツール」をリニューアルしたとのメールがありました。

過去記事「ネットオウルの管理画面の「サービス管理ツール一覧」が便利。」でも書きましたが、ミニバードやスタードメイン、ウェブクロウやPHP APPSなど、ネットオウル運営のサービスでユーザーが利用しているものはすべて、どれかの管理画面にログインすれば、他のサービスの管理画面にもワンクリックでログインできるようになっています。

ちょっとしたことですが、これってものすごく便利です。

たとえば、スタードメインで取得した独自ドメインのサブドメインを作成して、そのサブドメインを使ってミニバードでWordPressサイトを作成する場合、特に同じ独自ドメインのサブドメインを他のレンタルサーバーでも使っている場合は、スタードメインでDNSレコードの編集をしたり、ミニバードでサブドメイン(フォルダ)を作ったりと、スタードメインとミニバードの管理画面を行ったり来たりすることになります。

その時に、いちいちミニバードとスタードメインのログインページを開いて、両方にログイン名とパスワードを入力しなくても、どちらかの管理画面にログインすれば、もう一方の管理画面にもすぐにログインできるのは、作業の流れ的にもかなり楽です。

とはいっても、下の画像を見てもらうと少しわかると思いますが、これまでのネットオウルの管理画面は、個別の各サービスの管理画面を開けるものの、ブラウザーの別ウィンドウや別タブで開くようになっていました。

netowl-tool-01

しかし、今回のリニューアルでは、利用中の各サービスの管理画面が1つの画面に統合されたので、よりいっそう連携が強化されました。(小さいので、クリックして拡大してください)

netowl-membertool

各サービスの管理画面から行うすべての作業が、このメンバー管理ツールから行えるというわけではありませんが、これまでよりもずっと使いやすくなったことは確かです。

特に、スタードメインとウェブクロウ、スタードメインとPHP APPSを使っている方には、ものすごく便利になったと思います。

私もいくつかレンタルサーバーを借りているのですが、何年たってもまったく使い勝手が変わらないところもあれば、ネットオウルのように少しずつ改善を行っているところもあります。

ユーザーとしては、やはり改善を行ってくれるレンタルサーバーのほうが、正直、好感が持てます。

ディスク容量や利用可能MySQL数を増やしてくれることもうれしいですが、使い勝手を改善してくれるレンタルサーバーとは、長いお付き合いをしたいと思わせてくれます。

そういう意味では、ミニバードはWordPress初心者におすすめのレンタルサーバーです。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。