エックスドメインで独自ドメインを取得してみました。

エックスドメイン(Xdomain)は、昨年(2013年)の8月からエックスサーバー株式会社が開始した、まだ出来たてほかほかの独自ドメイン取得代行サービス。

過去記事「エックスドメインの無料レンタルサーバーがすごい!」でもご紹介しましたが、ドメイン契約者でなくてもWordPressのインストールやHTMLサイトの運営ができる、「エックスドメイン無料サーバー」という文字通り無料のレンタルサーバー機能も提供している、なんとも太っ腹な独自ドメイン取得サービスなのです。

さらに太っ腹なのは、「エックスドメイン無料サーバー」では他社契約の独自ドメインでもまったくの無料で利用できるところ。

でも、エックスドメインで独自ドメインを取得・移管すると、「エックスドメイン無料サーバー」で利用できる独自ドメイン・サブドメイン数が増えたり、利用可能MySQL数やディスク容量、WordPressのインストール可能数がアップします。

そのうえ、ドメイン契約者のみ、契約した独自ドメインのメールアドレスも10個まで無料で作成できたりします。

この、ドメイン契約者のみに許されたパワーアップ版「エックスドメイン無料サーバー」に興味があったので、特に必要ではないにもかかわらず、エックスドメインで独自ドメインを1個、取得してみました。

ちょうどキャンペーン期間中だったので、背中を押されるように、私としては初めての「.net」ドメインを申し込んでみました。

とりあえず、後からどんなサイトにも使えるように、当サイトのドメインみたいに、具体的な意味を持たないドメイン名にしておきました。

さっそく、「エックスドメイン無料サーバー」の管理画面にログインしてみたところ、サーバーのスペックが増えてる増えてる(笑)。何だか、貯金が増えたようなうれしさです(笑)。

「エックスドメイン無料サーバー」は、「PHP・MySQLサーバー機能」、「HTMLサーバー機能」、「WordPress機能」という3つのサーバー機能を全部利用できるのですが、まずは、「PHP・MySQLサーバー機能」。

xdomain-phpmysql

ディスク容量が1GBから3GBへ、独自ドメインが10個から20個に、サブドメインが50個から100個に、MySQLが5個から10個に、また表示はされていませんが、MySQL1個当たりの容量が50MBから100MBに増えています。

次は、「HTMLサーバー機能」。

xdomain-html

ディスク容量が1GBから10GBに、独自ドメインが10個から20個に、サブドメインが50個から100個に増えています。

ちなみに、HTML機能は広告が表示されません。

次は、「WordPress機能」。

xdomain-wordpress

WordPressインストール数(ドメイン)が5サイトから10サイトに、ディスク容量が2GBから5GBに増えています。

エックスドメインは、取得した独自ドメインのWhois情報公開代行にもデフォルトで対応しています。もちろん無料。

表示されているのは、エックスサーバー株式会社の個人情報。

xdomain-whois

当サイトでは、以前はWordPressサイトを運営できるスターサーバープラス機能を提供していたスタードメインで独自ドメインを取得することをおすすめしていました。

しかし、スターサーバープラス機能が新規受付終了になってしまった現在では、系列に独自ドメイン取得サービスがあるレンタルサーバーでない限り、エックスドメインで独自ドメインを取得することをおすすめしたいところです。

その理由は、何といってもエックスドメイン無料サーバー。

ドメインユーザーになれば、WordPress機能だけでもWordPressを10サイト作成できますし、PHP・MySQLサーバー機能でMySQL1個使ったWordPressサイトを10サイト、計20個のWordPressサイトを運営できます。

PHP・MySQLサーバー機能の場合、1個のMySQLを複数のWordPressで共有するようにすれば、もっと多くのWordPressサイトを作成することも可能。

HTMLサーバー機能を使えば、HTMLサイトも20サイト以上作成できますし、いわゆる一般的な無料レンタルサーバーをすべて合わせたような使い方が可能です。

いくらドメインの取得料金が安いといっても、それは初年度だけのことで、次の年からの更新料はどこの独自ドメイン取得代行サービスもほとんど変わりません。

しかし、エックスドメインで独自ドメインを1個取得すれば、ドメイン契約をしている限り、パワーアップされた「エックスドメイン無料サーバー」を使い続けることができるので、こちらのほうがずっとお得ではないかと個人的には思います。

また、エックスドメイン無料サーバーは基本、独自ドメインでの運用が前提になっているので、日頃からサイトのバックアップを取っておけば、いざというときでもすぐにサイトの移転(引っ越し)をすることができますし、無料ブログや無料ホームページのように、それまで培ってきた検索エンジンの評価が無駄になることもありません。

エックスドメイン無料サーバーは商用利用もOKなので、いろいろとサイトを作ってみたい方にはおすすめです。

ちょっと記事が長くなってしまったので、エックスドメイン無料サーバーのメール機能は次回の記事でご紹介したいと思います。

end.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1.  みどりこ より:

    あぶらあげさん、

    今日はいろいろ記事を読ませていただき、大変参考になりました。
    2011年から続けていらっしゃるんですね。

    記事は毎日更新!みたいな強迫観念を持っていたんですが、
    あぶあらあげさんのアーカイブを見ると、月に1回でもこうして綿々と
    ブログが続いていて、「私もそうしよう!」と
    勇気付けられました。

    これからも、後進の私たちのためになる記事をお願いします!

    • あぶらあげ より:

      みどりこ様、思わぬポイントでおほめいただき、ありがとうございました(笑)。
      実はここ1年、いろいろと忙しく、なかなか当ブログの記事を更新できてません。
      たしかに細々とでも続けるって、大事ですよね。
      しばらく放置プレイ状態になっているので、また近いうちに記事を投稿したいと思います。

  2. […] エックスドメインで独自ドメインを取得してみました。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。